個人の考えに合った会員になろう

グラフ

ゴルフが好きな方にとっては、何度もゴルフ場に行きプレーをしてみたいものです。好きな時にゴルフを楽しみたい人にとって持っておきたい物の一つにゴルフ会員権があります。会員制のゴルフ場を優先的に使えるゴルフ会員権には、社団法人会員制、株主会員制そして預託保証金会員制の3種類が存在します。社団法人会員制は、公益財団法人で利益を目的としない団体です。会員は、ゴルフ場の会員と社団法人の社員の両方に属します。敷居が高いため、社団法人会員制のゴルフ場は少ないです。株主会員制は、ゴルフ場を株式会社として会社の株を保有すると会員としてプレーが出来ます。また、株主総会に参加が可能で議決権の行使も出来るのが特徴です。預託保証金会員制は、預託金を会員から集めてゴルフ場を作ります。預託金は一定期間据え置きになります。その後は、会員の退会時に返還されます。会員の種類は4つに分けられます。正会員は、ゴルフ場の定休日を除く全日でプレーが可能です。ゴルフ場が開催する全クラブ競技の参加も出来ます。平日会員(週日会員)は、ゴルフ場の定休日を除く平日(土曜日も含めるゴルフ場もあり)にプレーが可能です。法人会員は、登録名は法人で1名から数名を登録します。クラブ競技にも参加出来ます。婦人会員は、ゴルフ場の女性用施設(ロッカー等)の関係で女性の入会に制限がある場合は、女性名義の会員権を購入し名義書換をします。

会員になるとゴルフの上達が早くなります

為替

ゴルフ会員権には、持っていると特典を受けることが出来ます。早く上達したいならばクラブ競技会の参加がおすすめです。ゴルフ場が主催となりハンデのありやなし等のルールで試合を行います。多くの人と競うため、スコアアップへと繋がります。ゴルフ場が主催する研修会にも参加をすることが出来ます。そこでは、ゴルフ技術やルールの研修等を行い知識の習得が目的です。さらに腕試しをしたいならば、ゴルフ会員権を活用してハンディキャップを取得します。倶楽部ハンディキャップとJGAハンディキャップの2種類があり、コースで取得方法が違いますが、JGAハンディキャップの取得でJGAやKGA主催のアマチュア競技に出場が可能です。友達と好きな時間にゴルフがしたい場合は、優先的に予約が出来ます。多くのゴルフ場でメンバータイムというものが設定され、予約なしで使用できるゴルフ場もあります。会員本人だけでなく、会員の家族も優待を受けることが出来ます。ゴルフ場によって優待のサービスが違うため、確認をするのが良い方法です。ゴルフ会員権を持つことにより、様々なメリットがあります。ゴルフ会員権を活用し、積極的に競技に参加することで他人との比較が出来る楽しみがあります。